帽子の類は全て、頭に被って屋外を歩く物ですから、被っている人の頭を太陽の熱線や紫外線から守ってくれる代わりに、帽子は紫外線に曝され続けていますので、日焼けして色が褪せる(褪色してしまう)ことはよくあります。

素材や色味にもよるが、帽子の色褪せは直せる場合も多い

そんな帽子の色褪せですが、帽子の素材・色味・褪色の度合いなどで可否は変わってまいりますが、特殊な染色で直せる場合も多いです。

特に野球帽タイプの帽子は、綿で出来ていることが多く、色修正が出来る場合が多いです。

今回お預かりさせていただいた帽子の色褪せの修正事例も、野球帽タイプで尚且つ綿で出来ている物でしたので、色修正は可能と判断して、お預かりさせていただきました。

 

野球帽 色褪せの色修正 前

野球帽のつばの部分が、太陽の紫外線による日焼けで褪色し、黒だった色が赤っぽく変色しています。

このような場合、全体を黒染めすることを提案する業者さんもいますが、全体染めを行うと、当然ながら、ロゴ部分の刺繍も染め色に染まってしまうため、当店の場合は、基本的に部分的な染色で元の状態に戻す方法で修正しております。

このような帽子の色褪せを色修正する場合、通常の染料で色修正を行うと、修正後に帽子を被られた際に汗をかかれて、修正した部分の染料が汗で溶け出してしまう可能性があります。

ですので、当店では、汗の水分でも溶け出さないように、特殊な染料で色修正を行っております。

この特殊な染料には、色を生地にしっかりと定着させるために樹脂が配合されており、使い方を間違うと生地が硬くなって風合いが悪くなってしまうので、どんな生地や品物にも使えるという物ではありません。

今回お預かりしたのは野球帽で、さらにつばの固い部分でしたので、多少硬さが出ても問題はないと判断し、樹脂が配合された特殊な染料で修正いたしました。

 

野球帽 色褪せの色修正 後

 

地の黒と出来るだけ差異が出ないように色修正を行いました。

【参考価格】画像部分の日焼けの褪色直し 6,000円程度(税別)
※注※色修正は生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら