事例を紹介しておいてなんですが、基本的に帽子の染み抜きなどは承っておりません。

理由として、今回の事例のような中折れ帽子などは、上部の凹みなどを蒸気を当てながら型に合わせて伸ばしたりして形を作っているので、安易に全体を水洗いなどしてしまうと、形が崩れてしまうリスクが非常に高いからです。

帽子の染み抜きなどは、型崩れのリスクが高い

今回の事例については、いつもお世話になっている方に「どうせこのままでは使えないので、どうなっても良いからチャレンジして欲しい」と言われたので、ダメ元でチャレンジした事例です。

ですので、ご依頼があった場合、シミなどの状態によって受注の可否が変わりますので、ご了承ください。

 

中折れ帽子 染み抜き・クリーニング前

 

綿100%の中折れ帽子に、謎の茶色いシミが付いています。

ご依頼者様もシミの原因には心当たりがないそうで、お子さんがジュースか何かをこぼしたのではないか?と仰っておられました。

先にお話したように、このような型に合わせて形作った帽子の場合、全体をザブザブ洗ったりすると、型崩れやサイズの変化などが起こるリスクが非常に高いので、染み抜き作業については、それらのリスクを事前にご了承いただいてからの承りとなります。

 

中折れ帽子 染み抜き・クリーニング後

 

部分的な特殊染み抜きと特殊な全体の洗浄で、謎のシミを跡形もなく落として、大きな型崩れやサイズの変化を起こさずに仕上げることが出来ました。

【参考価格】画像部分の染み抜き 10,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら