古いシミ・変色シミ・黄変シミ・何十年も前のシミは直らない?

着物クリーニング・染み抜き

 

お電話・メール・LINEなどで、着物クリーニングや染み抜きのご相談時によくいただくご質問に、「古い(何十年も前の)シミ・変色したシミでも直りますか?」というご質問・疑問があります。

確かに、今までに着物クリーニングに出したことがなかったり、他店さんで「古い・変色したシミは生地や染色を傷めるので直りません」と言われて断られてしまっていたら、古い変色してしまったシミや何十年も前のシミが落ちるのかどうか?は分からない・ご存じない方がほとんどかと思いますので、疑問に思われるのは当然のことだと思います。

実際のところ、着物お手入れ・クリーニング・染み抜きの専門店を謳うお店でも、上記のような質問をすると、「黄変(変色で黄ばんだシミ)や古いシミは直りません」という、本当にプロなの?と疑ってしまうような、ちょっと驚きの回答をするお店も非常に多いようです。

シミは大きく分けて二種類に分かれる

まず、シミや汚れというものは、かなり大まかに分類すると、二つの種類に分かれます。

一つは、単純に何かの汚れやシミの原因である物質が付いてシミになっている、というだけの状態。

この状態のシミは、ほとんどの場合、作業方法と選ぶ薬品が適切な染み抜きを行えば、生地を傷めたりすることなく綺麗に落とせます。(ただし、インクや墨汁などが大量に付着した場合や、接着剤などが付いて、接着剤を落とす薬品で生地が影響を受ける場合は、落とせなかったり落ちきらないことがあります)

もう一つは、シミの原因である物質が付いてからかなり長い年月が経ち、経年の変化及び劣化で生地や染色した色を変色させてしまっている状態です。この状態になったシミは、前述の付いただけの状態のシミよりも、難易度が格段に上がります。

なぜ染み抜きの難易度が上がるのか?というと、変化したシミを抜く場合、着物の地色も抜けてしまう場合が多く、シミを抜くだけでは元の綺麗な状態に戻らないので、シミを抜いた跡に部分的な色修正を行って、限りなくシミがなかった状態に戻すという、熟練かつ高度な職人技の作業が必要になるからです(この色修正を、正式には染色補正といいます)

このように、とても難易度が高いことからでしょうか?残念なことですが、他店さんでご相談された際に、古いシミや変色したシミは「直らない」と断られてしまうことが非常に多いようです。

では、古かったり変色してしまったシミは直らないもので、諦めるしかないのでしょうか?

何十年も前の変色したシミは直せないのか?

いいえ、どうぞご安心ください、決してそんなことはありません。

確かに、変色したシミを落とすことは簡単なことではありませんし、それが出来るお店は全国でも限られています。

ですが、シミによって生地が弱っているようなことがなければ、お着物やお洋服の色合いなどにもよりますが、現状よりも改善出来る場合がほとんどなのです。

ではなぜ、多くのお店では変色したシミや古い何十年も前のシミは直らないと言われて断られてしまうのでしょうか?

それは、「古いシミや変色したシミの染み抜き・染色補正は、非常に手間がかかって割に合わないので、断った方が楽だから」です。

経営的に利益のことだけを考えれば、手間のかからない仕事だけを数多く仕上げた方が、売上を簡単に上げることが出来るのです。

何故かと言うと、手間賃仕事というのは、難しい仕事であればあるほど、かかった手間に見合う料金はいただけなくなるからです。

私も経営者ですから、会社として売上を上げなければならないのは身に沁みておりますので、その考え自体を批判するつもりは全くありません。

ですが、私のような職人の仕事とは、「ご依頼者のお着物を、自己の技術と信念の全てをもって手間を惜しまず限りなく綺麗にさせていただき、ご満足いただいて報酬を頂戴する」ということが本質なのです。

ですから、私は、効率が良いとはいえない難しいお品物も、可能な限りお断りせずに承っております。

もちろん、私も単なる一職人であり魔法使いではありませんので、持てる技術と知恵の限りを尽くしても、ご依頼に対してどうしてもご期待に添えない場合もございます。

ですが、切実な想いでご相談された方を門前払いするようなことは決していたしませんし、それが職人として生きる自分の天命だと考えております。

もう一度改めて申します、「古いシミ・変色したシミは、ほとんどの場合は現状よりも見栄え良く着用に問題ない状態に改善出来ます!」

大切なお着物のシミで困っておられる時や、他店様で断られて途方に暮れている方は、まずはなをし屋に遠慮なくご相談くださいませ。

着物クリーニングと染み抜きの全ての国家資格を持つ染色補正師が、ご納得されるまでお話させていただきます。