流通数の割合で言うと、着物の生地の繊維の多くは絹なのですが、その他にも、木綿・麻・ウール・ポリエステルなどがあります。

その中でも、木綿・麻・ポリエステルはご家庭でお洗濯出来る物が多いのですが、染み抜きに関しては、絹の着物と同様に、ご家庭では出来ない物もあります。

水洗い出来る生地であっても、染み抜きはまた別の話

ご家庭でお洗濯出来る生地であれば、洗剤や石鹸でシミを落とそうとされる方も多いかと思います。

実際に、食べこぼしなどのシミであれば、部分的に洗剤を付けて擦り洗いすると綺麗に落とせる場合もあります。

ですが、インクなどの特殊なシミの場合、水洗い出来る衣類であっても、洗剤や石鹸で落とせることはほぼないと思ってください。

落ちないだけなら良いのですが、インクのシミは、中途半端に染み抜きをして残った場合、落とせないシミに変化してしまうことがあります。

 

伊勢木綿着物 油性マジックインクシミ 染み抜き・クリーニング前

 

伊勢木綿の着物の上前に、油性マジックで書いたシミがついております。

一緒にいたお子さんが油性マジックを手に持っていたんですが、何かの拍子に着物に書いてしまって、シミになったとのことでした。

先にお話したように、インク系のシミは基本的に染み抜きの難易度が高いシミですので、家庭染み抜きなどで中途半端に染み抜きすると、落ちにくいシミから落ちないシミへと変わってしまうことがあります。

 

伊勢木綿着物 油性マジックインクシミ 染み抜き・クリーニング後

 

今回は何もせずにお任せいただいたので、中途半端な染み抜きではなく一気に落とす染み抜きで、綺麗にすることが出来ました。

 

 

【参考価格】画像部分の染み抜き 8,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら