毛染めには大まかに分けて二種類あります。

一つはヘアカラーで、ヘアカラーは薬品を毛髪に化学反応させて染色や脱色を行うもので、その薬剤は非常に強力なので、衣類に付くと頑固なシミや激しい脱色になります。

もう一つはヘアマニキュアで、ヘアマニキュアは染めるのではなく毛髪を色でコーティングするもので、ヘアカラーに比べると、衣類に付いても比較的落ちやすい場合が多いです。

落ちやすいヘアマニキュアも、自己染み抜きは厳禁

ヘアカラーに比べてヘアマニキュアは比較的綺麗に落ちすことが出来る汚れですが、あくまでプロが染み抜きを行った場合の話ですので、通常のファンデーションや皮脂汚れのように、ご家庭でベンジン等を使って染み抜きを試みると、中途半端にシミが残ってしまい、何もせずにプロが染み抜きした場合よりも落ちにくいシミに変化してしまうリスクが高くなります。

 

ヘアマニキュアのシミ 染み抜き・クリーニング前

 

今回お預かりしたお着物は、付いてすぐに何もせずにお任せいただいたので、染み抜き作業に問題は起こりませんでした。

ヘアマニキュアに限らず、シミは自己染み抜きを行うと悪化する場合が多いので、大切なお着物ほど、何もせずにプロにお任せいただける方が、結果的に仕上がり良く料金も抑えられる場合がほとんどです。

 

ヘアマニキュアのシミ 染み抜き・クリーニング後

 

簡単なシミではありませんでしたが、プロの技で跡形もなく綺麗に染み抜きすることが出来ました。

【参考価格】画像部分の染み抜き 8,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら