変色・黄変している古いシミは、シミが濃ければ濃いほどに、極限まで染み抜きを行っても残りやすくなります。

もちろん、生地が傷んでいるような状態でなければ、全くシミが落ちないということはまずないのですが、着物の地色が薄ければ薄いほど、残ったシミを消すための色修正の色かけがあまり出来ませんので、薄い地色のお着物ほど、シミがどこまで抜けるか?が重要になってきます。

白地の着物は変色シミが残りやすい

薄くても、染色されている着物であれば、多少はシミを消すための色修正が出来るのですが、白地の着物の場合、色をかけてシミを消すことが出来ない(白い染料はない)ため、シミが濃いほどに難易度が高くなります。

普通に考えると、白い生地のシミの染み抜きは、ただシミを抜くだけなので楽そうに思われるかもしれませんが、色修正が使えない分、染み抜き技術そのものが高度なレベルが必要になってきます。

 

着物 濃い古い変色黄変シミ 染み抜き・クリーニング前

 

着物の裾の白地の部分に、かなり濃く古い変色黄変シミが出ています。

これぐらいに濃い変色シミの場合、生地を傷める直前のぎりぎりのラインまで染み抜きを繰り返しても、黄ばみがどうしても残ります。

そのような場合、柄を足せる着物であれば、しみ抜き後に柄を足す加工をご提案することもありますし、金彩加工がある着物であれば、金彩加工を加えてシミを隠すご提案をすることもあります。

 

着物 濃い古い変色黄変シミ 染み抜き・クリーニング後

 

今回は、ご着用に支障のない程度にシミが消えれば良いというご依頼でしたので、染み抜きで限界までシミを薄くしました。

染み抜き前と比べると、かなり目立たない状態に直せたかと思います。

【参考価格】画像部分の修正 15,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら