着物を着る時には帯を締めますが、その際に帯の上部を飾る布として、帯揚げという布地を帯の下に巻きます。

帯の下に巻くということは、帯よりも着物に密着するのですが、色の濃い帯揚げを巻いていると、着用時の汗で濡れる(湿る)ことによって、着物に帯揚げの色が移ってしまうことがあります。

濃い帯揚げの色は着物に色移りすることも

もちろん、帯揚げは飾るための布ですから、着物に合わせたりお好みに合わせたりで自由に選んでいただく物なのですが、濃い色に染まった帯揚げは、着物や帯に色移りをしてしまうこともあるということは、頭の片隅にでも覚えておいていただければと思います。

 

着物 帯揚げ 色移り 染み抜き・クリーニング前

 

真っ赤な帯揚げから、着物にかなり濃く赤色が色移りしています。

色移りのシミは、薄っすらと付いたものは比較的落ちやすいのですが、濃く色移りしたシミはかなり落ちにくいシミになっていることが多く、染み抜きの難易度としては高くなります。

今回のお品物のように、着物の地色が薄い色目の場合は、色移りのシミごと地色も一緒に抜いてから、抜けた地色の部分を色修正で直す方法が使えるのですが、ある程度濃い色目のお着物の場合、地の色が抜けると色修正で元に戻すがかなり難しくなるので、染み抜き方法も着物の色目によって変える必要があります。

今回付いていた色移りのシミはかなり頑固なシミで、地色も一緒に抜く必要がありましたので、色移りのシミを抜いてから、染色補正で元に戻しました。

 

着物 帯揚げ 染み抜き・クリーニング後

 

かなり大変な染み抜きでしたが、何とかご着用に支障のない状態に直せたかと思います。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 10,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら