お祭りでだいたい必ず売っているリンゴ飴。

子供の頃はよく買ってもらって食べた想い出があります。

そんなリンゴ飴ですが、りんごの表面にかけてある飴がかなりベタベタしておりまして、手に付いたりするといつまでもベタベタしていました。

リンゴ飴のシミは、食紅の色素も付くので、落ちにくいシミになる

リンゴ飴のシミですが、手に付いた程度であれば、手を洗えば済む話なのですが、衣類、それも着物に付いた場合は、お洗濯するわけもいかないので、プロによる染み抜きが必要になります。

 

着物 リンゴ飴のシミ 染み抜き・クリーニング前

 

レンタル着物店様からのご依頼だったのですが、着物をレンタルされたお客様がリンゴ飴を食べていたところ、着ていた着物に落としてしまって、リンゴ飴の飴が付いてシミになってしまったそうです。

飴自体は砂糖を熱で溶かしてから冷やし固めた物なので、固まった飴を溶かして洗い流せば落とせるのですが、リンゴ飴の飴には食紅の色素が含まれているので、その真っ赤な色素を落とす染み抜きが必要になります。

色素のシミは、比較的落ちにくいシミとなっていることが多く、シミの状態などによっては、染み抜きのプロでも手こずるシミとなります。

 

着物 リンゴ飴のシミ 染み抜き・クリーニング語
なかなかに大変なシミでしたが、綺麗に落とすことが出来ました。

お祭りで買える食べ物は、衣類に付くと落ちにくいシミになる物が多い(飴類・ソースや醤油類など)ので、着物に限らず食べ物を買って食べる時は、くれぐれもご用心くださいませ。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 10,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら