着物に限った話ではありませんが、汗は残留していると生地や染色を変色・脱色させる力が非常に強いので、汗をかいたら汗抜きという水を使った染み抜きが絶対に必要です。

着物のクリーニングを含め、クリーニングに使う石油系溶剤では、残留した汗を落とすには不十分ですので、着物を着ていて汗をかいたな?と思ったら、必ずクリーニングと一緒に汗抜きを依頼することをおすすめいたします。

汗はクリーニングの洗いだけでは残留します

 

着物 汗の変色 染み抜き・クリーニング前

 

このお着物は、汗をかかれた後に汗抜きをせずに何十年と経った結果、脇の部分が濃い変色シミに変化してしまった状態です。

こうなってしまうと、汚れを落とすだけではシミは消えませんので、黄ばみのシミを漂白で抜いてから、色修正(染色補正)で元の色目に直す必要があります。

その場合、汗がついただけの状態の汗抜きの作業と比べて、数倍もの料金がかかってしまいます。

また、変色シミは大きければ大きいほど修正した跡が目立ちやすいので、着物の色目などによっては、あまりすっきりとは直らない場合もあります。

 

着物 汗の変色 染み抜き・クリーニング後

 

このお着物は、なんとか見た目に分からないぐらいに直すことが出来ました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 15,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら