辻が花という着物の柄があります。絞りという技法で染めた柄に、さらに墨で柄を描く技法です。

辻が花の染み抜きは、絞りの凹凸と墨絵の両方に気をつける必要がある

辻が花の柄を染み抜きする場合、絞り染めの凹凸を伸ばさないように気をつけることと、墨で描いた柄が染み抜きで薄くならないように気をつける必要があります。

とはいえ、どちらも全く影響させずに染み抜きを行うのは物理的に難しいので、ご依頼をいただいた際にはそのあたりのことをご説明してご納得いただいてからの承りとなります。

 

辻が花着物 変色シミ 染み抜き・クリーニング前

 

辻が花の柄部分に、濃い変色シミが出ております。

変色シミはシミを化学的に分解する薬品と水分を含んだ熱(つまりは蒸気)が必要になります(違うやり方もありますが)ので、絞りのシボ(凹凸)が伸びてしまうデメリットがあります。

そのあたりは乾燥方法の工夫などで最小限に抑えることは可能なのですが、先にお話したように、完全に防ぐことは難しいので、その点はご理解いただければと思います。

 

辻が花着物 変色シミ 染み抜き・クリーニング後

 

絞りの凹凸の伸びを最小限に抑えて墨絵の柄も薄くさせずに、シミを綺麗にいたしました。

【参考価格】画像部分の染み抜き 5,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら