シミというのは付いて時間が経てば経つほど濃く変色する傾向があり(行き着くところまで行けば止まりますが)、付いた時に見えなかったシミも、何年何十年と経つうちに、濃いシミに変化することがあります。

シミの変化を見逃さないためにも、陰干しが必要

着物などの和装品は、着物が日常着だった昔から、定期的に陰干しをするという習慣がありました。

着物陰干しなどについて

陰干しや虫干しといわれるこの習慣は、着物の湿気を飛ばしてカビの発生を防ぐのが最大の目的ですが、その他にも、シミが出ていないか?を確認するための習慣でもあります。

先にお話したように、シミは時間が経てば経つほど濃いシミに変化しますので、変色が行き着くところまで行ってしまう前の途中の段階で見つけることが出来れば、シミを綺麗に落とせる確率が上がります。

ですので、着物の陰干しを定期的に行うのは、染み抜きの面でも特に大事にして欲しい習慣となります。

 

白長襦袢 濃い変色シミ 染み抜き・クリーニング前

 

白地の長襦袢の袖口に、かなり濃い変色シミが出ています。

おそらくですが、付いて数年程度の変色シミではなく、何十年という年月が経って濃い変色シミに変化したと思われます。

このように濃い変色シミの場合、急激な化学変化でシミを抜くと、生地が傷んで(穴が開いたり薄くなったり)しまうリスクが高くなるので、ゆっくりと生地に優しいシミ抜きを繰り返す必要があります。

ですので、濃い変色シミの場合、シミがそれほど大きくなくても、染み抜きにはかなりの手間と時間がかかるということをご理解いただければと思います。

 

 

かなり濃い変色シミでしたが、着用に問題ない状態に直せました。

【参考価格】画像部分の染み抜き 4,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら