以前からお話しておりますが、お宮参りや七五三用の着物(祝い着)は、そのイベントが終わった後に着ることがほとんどないので、しまってから何十年と保管された(存在を忘れられた)ままになっていることが多々あります。

そして、最後に着てから何十年後にお子さんやお孫さんが生まれることになり、「そういえばお宮参り(七五三)の着物があったはず・・・」ということ思い出され、保管場所から出してみたらシミだらけだった・・・ということが非常に多くあります。

子供用の着物のシミの原因の多くは、カビ

子供用のお着物(祝い着)のシミの原因で最も多いのは、長年保管している間に風通しをしていなかったがためにカビが発生し、発生したカビを放置していた結果、黄ばみや脱色のシミに変化したものです。

そのようなことになることを防ぐためにいちばん重要なことは、定期的に着物を風通しして湿気を飛ばすことです。

昔から言われている虫干しや陰干しという習慣は、着物を湿気によるカビから守るための知恵でもあったのです。

特に現代の家屋は気密性が高く、着物の保管場所によってはほとんど風が通らない場所もあるため、昔に比べても着物に風を通すことの重要性は高まっていると言えます。

 

男児着物 古いシミ 染み抜き・クリーニング前

 

この男児用のお着物も、カビだけではありませんが、主にカビによる変色シミが多数ありました。

お子様用のお着物は、生地が薄かったり丈夫でないものが多くを占め、大人用の一般的な着物と比べますと、あまり無理な染み抜きが出来ないことがほとんどです。

そのようなことから、着物のクリーニングや染み抜きの専門店を名乗っているお店に依頼しても断られてしまうことが多い着物でもあります。

なをし屋では、長年の研究と試行錯誤により、お子様用の丈夫でない生地であっても、安全に変色シミを染み抜きする技術を確立いたしましたので、他店様で断られたものでも、諦めずにご相談くださいませ(生地自体が化学繊維のものやシミで生地が弱っていたり傷んでいる場合などはお引き受け出来ない場合もございます)

 

男児着物 古いシミ 染み抜き・クリーニング後

 

あまり強い染み抜きが出来ないため限界はありますが、見栄え良くご着用に支障のない状態に直せる場合がほとんどですので、お子様用のお着物のシミでお困りの方は、遠慮なくお問い合わせください。

【参考価格】画像部分の染み抜き 15,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら