天然繊維であれば、絹でも綿でも麻でもウールでも、どの繊維であれ、シミが付いてそのままにしておくと、シミが変化して変色シミになります。(合成繊維も変色しますが、天然繊維に比べて変色する速度は緩やかです)

ですので、シミは付いたらすぐに洗うなり染み抜きするなりして、変化する前に落とすことが肝心です。

シミは、付いてすぐなら綺麗に落とせる

特殊なシミ(接着剤・墨汁・ヘアカラーなど)を除けば、シミは付いてすぐなら綺麗に落とせることがほとんどです。

ですが、付いてすぐなら跡形もなくに落とせたシミも、時間が経って変化(変色・黄変)したシミは、その変化した状態を何とかする作業を行わなければなりませんので、付いてすぐのシミのシミ抜きに比べて時間と手間がかかるため、その分料金も高くなります。

このお品物は、綿とポリエステルの混紡生地のパーカーですが、何かのシミ(おそらく食べこぼし)が付いて時間が経った結果、生地の中の綿の繊維が変色している状態です(ポリエステルはあまり変色しないので)

 

綿パーカー 黄変シミ シミ抜き・クリーニング前

 

まずは付いている汚れを落とせるだけ落として、その後変色しているシミを漂白作業でシミ抜きしました。

シミを抜いたところ、シミの変色が原因で脱色も起こっていたので、色修正で出来るだけ見栄え良く直しました。

 

綿パーカー 黄変シミ シミ抜き・クリーニング後

 

繰り返しになりますが、シミは付いてすぐなら綺麗に落とせる場合がほとんどですので、シミが付いたらすぐに染み抜きされるのがおすすめです。

【参考価格】画像部分の染み抜き 4,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら