染み抜きの仕事をしておりますと、ボールペンのインクのシミのご相談というのは常にあるご相談ですが、そのシミの濃さによっては完全に落とすことが難しい場合もあるシミでもあります。

ボールペンインクのシミは濃さによって難易度が変わる

今回ご相談いただいたのは、ネクタイにボールペンで書いたようにシミが付いてしまったという事例です。

ネクタイはほぼ100%がシルク(絹)で出来ておりますが、品物によっては染み抜きで裏地などから色が出てくる物もあり、染み抜きの前には必ずテストを行う必要があります。

また、シルクは濡れた状態での摩擦に弱いので、染み抜き作業自体を慎重に行わないと、染み抜きをして乾かしたらその部分がスレ(毛羽立ち)を起こしている状態になってしまうこともあります。

 

ネクタイ ボールペンシミ 染み抜き・クリーニング前

 

このネクタイは、裏地が黒に近い濃紺だったのですが、無理に染み抜きするとその色が滲んで出てくる危険性が高かったので、熱を加えたりせずに繰り返し染み抜きをして段々とシミを薄くする方法で染み抜きしました。

 

ネクタイ ボールペンシミ 染み抜き・クリーニング後

 

色にじみもスレも起こさずに染み抜きすることが出来ました。

【参考価格】画像部分の染み抜き 3,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら