絞り染めの着物の色は、抜けやすい物も多く、染み抜きが難しいからと断られてしまうことも多い事例です。

なをし屋では、数多くの絞り染めのお着物を修復してきたので、日本一とは申しませんが、絞り染めの着物のシミについても、今までに数え切れないくらいの多くのお客様に喜んでいただいております。

絞り染めの着物のシミ、諦めずにご相談ください

絞り染めの着物のシミは、他店様で断られてしまうことが多い事例ですが、もし他店様で断られてしまったお着物でも、お気軽にご相談ください。

 

着物古いシミ 染み抜き・クリーニング前

 

数年以上前の事例ですので、どのような状況でシミが付いたのかということは記憶が定かではありませんが、絞り染めの着物に濃い目の変色シミが付いております。

このように着物の地色が薄い場合、シミが濃ければ濃いほど残りやすくなるので、そのような場合は、お客様に着用で出来るレベルには直せると思うけれども、多少の黄ばみや色ムラは残る可能性があるということを前もってお伝えいたします。

 

着物古いシミ 染み抜き・クリーニング後

 

元のシミがかなり濃かったので、薄っすらとシミの輪郭のようなものが残りましたが、ほぼ分からないレベルにまで直すことが出来ました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 8,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら