「何軒か他のお店に相談したけれど、どこのお店にも断られてしまって…」
そのお客様は、ご来店されてすぐにそう仰っていました。

総絞りの着物の染み抜きは難易度が高い

絞り染めの着物、それも総絞り(全体を絞り染めで柄行を構成している着物)は、染み抜きの難易度が高い場合が多くなります。

理由として、絞り染めのシボ(凹凸)が染み抜き作業で伸びてしまうことがあり、他の平坦な生地に比べて強く熱を加えたり水で濡らした状態での長時間の作業が難しい面があります。

また、濃い染色の場合、染料の定着度の弱さや染色時の水による余剰染料の洗浄が不十分さなどが原因で、染み抜き作業で水を使うと染料が流れ出してしまうことがあり、そのような場合は染み抜き作業そのものが難しい場合があります。

濃い染めでなくても、青系の染色の場合、変色シミを抜く染み抜きの漂白で色が抜けてしまうため、染み抜きで消えた柄(疋田など)を修復で再現するのは非常に高度な色修正技術が必要になります。

このような理由から、絞り染めの着物の染み抜きは、専門店でも断られてしまうことが多くなります。

 

絞り染め振袖 大きな変色シミ 染み抜き・クリーニング前

 

ご依頼者様によると、シミの原因は不明というお話でしたが、何かの液体が大量に付いて長い年月が経ったことで変色シミになったものと思われます。

不思議だったのは、現在の仕立て上がった状態でこのシミが付いたのだとしたら、裏地にもシミが浸透して変色シミになるはずなのですが、何故か裏地が綺麗な状態でした。

その辺りのことから、シミの付いた時期や根本の原因を探るのは困難な状況でした。

シミについては、その原因が分かった方が染み抜きしやすいのは事実ですが、古い変色したシミの場合、元のシミの原因が何であれ、漂白作業でシミを抜くことに変わりはないので、シミの原因が不明であっても、ご依頼いただくことは可能ですので、ご安心ください。

このお着物のシミは、かなり濃い変色シミになっていることと、白地の部分のシミについては、色修正(染色補正)で残ったシミを隠すことが困難なので、現状よりもかなり見栄え良くは直せると思うが、薄っすらと黄ばみは残るかもしれないということを事前にお伝えさせていただいての作業となりました。

 

絞り染め振袖 大きな変色シミ 染み抜き・クリーニング後

 

 

非常に手間と時間をかけた染み抜きとなりましたが、お約束した通り、かなり見栄え良く直せたかと思います。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 25,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら