着物の変色や黄ばみのシミを抜く場合、漂白(家庭用の漂白剤とは全く違う物を使います)という作業を行うのですが、その漂白作業の際に、着物の地色が抜けてしまうことがよくあります。

抜けた色はもちろん色修正(染色補正)で元に戻すのですが、このシミを抜いた後の色修正が出来ないがゆえに、古いシミや変色したシミは直りません、と言ってしまうお店も多々あるようです。

プロに言われたらそうなのかと諦めてしまう方もいるでしょうし、せめて、直らない ではなく (うちでは)直せない と正直に言って欲しいと思いますが。

シミ抜きと染色補正(色修正)がセットで染み抜き

 

染み抜き 脱色 色修正前

 

この事例、結構前の事例なので記憶が定かではないのですが、確かどこかのお店で失敗した染み抜き跡の修正だったと思います。

黄色く抜けている部分の中心にある変色シミを抜こうと漂白作業をして、想定よりも色が大きく脱色してしまったんだと思います。

 

着物 脱色 色修正後

 

脱色部分の中央に残っているシミを抜いてから、色修正で元に戻しました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 15,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら