着物は着る際には必ず帯を締める物なのですが、帯の染め方や色合いなどによっては、着物に色移りを起こす場合があります。

帯を締めた部分は、身体に密着して湿気が抜けにくくなる部分ですので、汗をかいた場合は特に、湿気により染料が動きやすくなった状態で動くことによる摩擦で、着物への色移りが起きやすくなります。

汗で湿ると色移りが起きやすくなる

特に染料の定着度が低めの藍染めは、容易く色移りが起こることが多いです。

色移りのシミは、基本的に付いた色のシミのみを落として着物の地色を落とさないのが肝心ですが、言うは易く行うは難しで、その染み抜きにはかなり高度な染み抜き技術が要求されます。

 

着物 色移り 染み抜き・クリーニング前

 

画像のお着物は先染め(糸を染めて織りで柄を表現した織物)の着物なのですが、このような先染めの着物の場合、着物の色を抜いてしまうと元に戻せなくなってしまいますので、先染めの色を抜かずに帯から移った色だけを落とす必要があります。

おそらく、専門店を謳うお店でも、断られてしまうことが多い事例だと思います。

なぜ断られてしまうことが多いか?というと、多くの染み抜き店は、シミを抜く方法は知っていても、このような色移りのシミを、抜くのではなく生地への固着を緩めて洗い流す方法を知らないからだと思われます。

なをし屋は、日々の研鑽と努力により、シミを抜かずに落とす技術を持っております。

 

着物 色移り 染み抜き・クリーニング後

 

一気に色移りを落とそうとすると、着物の地の色も抜けてしまうので、慎重に作業を繰り返し、移った色だけを落とす染み抜きで、すっかり綺麗になりました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 15,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら