七五三やお宮参りの女の子用のお着物は、朱や赤系統の色目の物が多いのですが、そのような色目のお着物に変色シミが出ると、黒っぽい変色シミになることが非常に多いです。

 

朱色の七五三着物の古いシミ 染み抜き・クリーニング前

 

この黒っぽい変色シミ、黄ばみのシミに比べて抜けにくく、あまり無理をすると生地が弱ってしまうこともあり、通常のシミよりも慎重に染み抜き作業を行う必要があります。

慎重に染み抜きするとは具体的にどうするか?と言うと、薬品を反応させる速度をゆっくりとした速さに調整する、ということです… って、余計分かりにくいですか?(笑)

車の運転に例えると、同じ100km先の目的地に行くために、いつもは高速道路を使って平均時速100kmで走って1時間ほどで着くところを、下道(国道)を走って信号で止まったりコンビニで休憩したりして、高速道路で行く場合と比べて何倍もの時間をかけて目的地に着くような感じです… やはり余計分かりにくいでしょうか?(笑)

薬品を反応させる速度を緩めるということには、二つの目的があります。一つは、生地に対する負荷を小さくすること。

そしてもう一つは、反応させる速度を緩めることによって、シミや生地の変化を確認しながら作業を進めるということです。

 

朱色の七五三着物の古いシミ 染み抜き・クリーニング後

 

ゆっくりとしたスピードで染み抜きしたので、生地を傷めずに綺麗にシミが抜けました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 3,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)