夏物は、着物も洋服も色の薄い物が多いです。

濃い色だと、やはり何となく暑苦しい印象になるからなんでしょうね。

そんな薄い色合いの衣類ですが、シミや汚れが付くととても目立ってしまうという弱点があります。

皆さんも、白いお洋服に食べ物や飲み物のシミを付けて困った経験があるのではないでしょうか?

そんなシミが目立ってしまうお洋服の、今回は紳士物の白いジャケットの衿のシミです。

 

白ジャケット 衿 染み抜き・クリーニング前

 

白や薄い色でなくても、ジャケットの衿には汚れが付いてしまうんですが、白や薄い色の洋服の場合、やはり汚れが目立ってしまうんですね。

このお品物は、素材にポリウレタンという繊細な扱いが必要な繊維が含まれておりましたので、染み抜き作業もあまり無理が出来ない素材でした(ポリウレタンは、無理に熱を加えたり強い薬品を使うと、溶けたり変質したりする繊維です)

今回は、生地に極力負担をかけないように染み抜きを行い、何とか気にならない状態に直せましたが、ポリウレタンが混紡されている洋服の生地は多く、シミや生地の状態などによっては、作業をお断りをせざるを得ない場合もございますので、その点はご了承ください。

 

白ジャケット 衿 染み抜き・クリーニング後

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 3,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)