飲食をされている時というのは、着ている衣類を最も汚してしまう時間だと思います。

私も自分の着物や洋服にシミを付けてしまうのは、圧倒的に飲食をしている時です(汗)

 

そんな訳で、お着物にせよお洋服にせよ、染み抜きのご相談で一番多いのは、お食事や飲み物のシミが付いたというご相談です。

今回の事例は、CELINE(セリーヌ)のTシャツに、ウーロン茶がドバっとかかってしまった状態の染み抜きです。

 

CELINE Tシャツ 染み抜き前

 

上からバシャっとかかってしまったそうで、かなり広範囲にシミが付いておりました。

 

お茶類にはタンニンという成分が含まれており、このタンニンが原因で、洗濯しても落ちないシミになってしまうのです。

 

タンニンが原因で生地に定着してしまったシミは、染み抜き用の薬剤を使って、その化学反応を用いないと、シミが消えてくれません。

 

今回は地の色が白でしたので、色抜けの心配をせずにシミを抜くことが出来ました。

 

ですが、反面、白い生地の場合、シミが残ると一番分かりやすいので、白い衣類の染み抜きは、決して楽な染み抜きではなく、ある意味一番染み抜きの腕が試される事例とも言えます。

 

CELINE Tシャツ 染み抜き後

 

今回は、シミ残りもなく、ブランド名のプリントにも影響させずにキレイに染み抜き出来ました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 8,000円程度(税別)

※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)