着物のシミ、特に古くて変色したシミは難易度が高く、お手入れの専門を謳う店でも断られてしまうことが多いのですが、柄の細かい小紋の柄に変色したシミがある場合、門前払いのように断られてしまうこともあるようです。

小紋柄の変色シミの染み抜きは、特に難易度が高くなる

前置きで偉そうに申しましたが、なをし屋代表の栗田も魔法使いではありませんので、年間を通してお預かりするお品物総数に対する割合で言えばごくわずかではありますが、直せないお品物もあります。

そんな直せないこともあるお品物の一つに、小紋柄のお着物があります。

なぜ小紋柄の染み抜きの難易度が高くなるかというと、古い変色シミを抜く場合、黄ばみを抜く「漂白」という作業が必ず必要になるのですが、漂白をする際に黄ばみのシミだけではなく小紋柄の色も抜けてしまうことが多く、特に細かい小紋柄の色が抜けてしまうと、どんなに手間を掛けて色修正で元に戻そうとしても、型を使って画一的に染まった柄を完全に元に戻すことはほぼ不可能なので、違和感が生じます。

 

小紋柄の着物 大きな変色シミ 染み抜き・クリーニング前

 

連続した柄の小紋柄の着物に、大きな変色シミが出ています。

このようなシミの染み抜きの場合、お見積もり時に必要適当な回答をしておいて、後からややっぱり直りませんでしたという報告でご依頼者様を落胆させたくないので、お見積もり時に直せるかどうかを確認する染み抜きテストが必要になります。

染み抜きテストを行ったところ、シミを抜くことは可能だけれども、やはり小紋の柄の色も抜けてしまうので、広範囲の変色シミを、柄の色が極力抜けないように柄と柄の間のシミを一箇所ずつ染み抜きする必要があることと、色の抜けた柄を手作業の色修正で元に戻す必要があるため、かなり手間のかかる作業だということをお伝えさせていただきました。

 

小紋柄の着物 大きな変色シミ 染み抜き・クリーニング後

 

お客様からは、出来る限り綺麗にして欲しいとのご要望でしたので、かなり時間と手間のかかる気を使う染み抜き作業でしたが、仕上がりをご覧いただいたお客様には大変喜んでいただけました。

【参考価格】画像部分のシミ抜き 70,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

各種加工の料金表はこちら

染み抜きの技術についてはこちら