絞りという染めの技法があるのですが、特に着物全体を絞りで染めた物は総絞り(そうしぼり)と呼ばれて、全てを手作業で染めておりますので、大変に手間がかかっているお着物となります。

絞り染めの着物の染み抜きは断られることが多い

そんな絞り染めの着物ですが、染み抜きの依頼をすると断られてしまうことも多いようです。

理由としては度々述べていることとなりますが、絞り染めは染色が弱い物も多く、染み抜きで色が抜けやすい物もあります。

染み抜きで色が抜けるのは絞り染めに限ったことではないのですが、絞りの柄の色が抜けてしまうと、柄も消えたり薄くなったり、時には色が滲んだりしてしまうため、染み抜き後の修正が難しい種類の染め加工になります。

また、絞り染めの特徴である柄の凹凸(シボと呼びます)が、染み抜き作業などで無理をすると生地が伸びて平坦になってしまうこともあり、そのような理由からも絞り染めの染み抜きは断られてしまうことが多いようです。

当店でも全ての絞り染めの染み抜きが可能とは申せませんが、今までに他店様で断られてしまったお着物も数多く染み抜きしてお客様に喜んでいただいておりますので、他店様で修復困難で断られてしまっても、まずは諦めずにご相談いただければと思います。

 

総絞り振袖 古い変色シミ 染み抜き・クリーニング前

 

総絞りの柄のお振袖の全体的に黄ばみのシミが出ておりました。

染み抜きで色にじみや色抜けが起こる場合は染み抜きが難しい可能性があることをまずはお伝えさせていただき、染み抜きテストを行ってからの最終的な診断とさせていただきました。

染み抜きテストを行ったところ、何とか染み抜きは可能と診断させていただきましたので、ご依頼を承りました。

 

総絞り振袖 古い変色シミ 染み抜き・クリーニング後

 

一番濃く目立つシミの部分を事例としてご紹介させていただきましたが、見た目にほぼ分からない状態に直せたかと思います。

【参考価格】画像部分のシミ抜き 10,000円程度(税別)(全体の染み抜きの料金はお見積りとなります)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

各種加工の料金表はこちら

染み抜きの技術についてはこちら