着物しみ抜きの技、京都三百年の伝統と革新の融合。全ての国家資格を持つ染み抜き専門家【染色補正師】が、黄変・変色・古いシミ・クリーニングでは落ちないシミから、あなたの大切なお着物・お洋服を救う、伝統工芸士の染み抜き専門店です。

染み抜き屋が家庭染み抜きをオススメしない理由

  • HOME »
  • 染み抜き屋が家庭染み抜きをオススメしない理由

家庭で出来る染み抜きの方法を紹介しているサイトや動画などは、ネットに溢れかえっています。染み抜き屋

時には、「プロが教える家庭染み抜き」といったテーマのテレビ番組が放送されることもあります。

そのようなコンテンツが数多くあるということは、世の中ではシミの付いた衣類をご家庭で染み抜きをしたいというニーズがあるんでしょうね。

ボクも染み抜き屋として世に出てそれなりのキャリアがあるので、メディアや公開講座などで家庭で出来る染み抜きを紹介して欲しいというオファーは今までに数え切れないほどありました。

ですが、そのようなオファーは全てお断りしてきました。

テレビ出演のオファーをお断りしたこともあります。

もったいないですよね。テレビの出演オファーなんて、そうそうあるもんじゃありませんから。

それでも家庭で出来る染み抜き方法を紹介することを断ってきたのには、ボクに染み抜き屋として確固たる信念があるからです。

染み抜き屋として家庭で出来る染み抜きを紹介しない理由

うちは染み抜き屋ですから、シミの付いた着物や洋服の染み抜き依頼が日々あります。

その中には、ご家庭で染み抜きをして落ちなかったシミというのも数多くあります。

そしてその自己流の染み抜きは、ネットなどで観たり聞いたりした染み抜き方法を行っている場合がほとんどです。

ネットで探せる家庭での染み抜き方法は、比較的安全、つまりは事故が起こらないように考えられている物がほとんどです。

なので、紹介されている染み抜き方法を忠実に行えば、大事な衣類が二度と着られなくなるような大事故は「基本的に」起こらないはずなんですね。

ところが、当店で染み抜きの相談を受けたときに、「うーん・・・ 申し訳ないですが、これはもう元に戻らないですね」という悲しい事実をお伝えしないとならないことも少なくない。

その状態とは、自己流の染み抜きを行ったがために、激しく色が抜けてしまったり、生地が毛羽立ってしまったりした状態などです。

比較的安全なはずの家庭染み抜きで、どうしてそのようなことが起こるのか?

これには、染み抜き方法を伝える側が気付いていない落とし穴があります。

情報は、いつも正確に伝わるとは限らない

家庭での染み抜き方法は、大抵の場合、市販の衣類用の酸素系漂白剤を使います。

その漂白剤に他の染み抜き作用のある薬品などを混ぜて、シミの部分に塗って放置したり蒸気で熱を加えたりして、シミを抜く方法が紹介されています。

元から衣類用の漂白剤ですから、基本的に衣類にはダメージを与えないように作られています。

では、そんな衣類用の漂白剤を使って染み抜きをしたにもかかわらず、どうして取り返しのつかないような大事故が起きてしまうのか?

それはですね・・・

家庭染み抜きをする人の頭の中に、漂白剤という言葉だけが何となくのイメージで残っていて、衣類用の酸素系漂白剤と台所などで使う塩素系漂白剤を間違って使っちゃうんですね。

塩素系漂白剤というのは、文字通り塩素が入っている漂白剤ですので、どんな色でも抜いて漂白する作用があります。

ですので、間違って塩素系漂白剤を使って家庭染み抜きをしてしまうと、脱色とともに生地にダメージを与えてしまうわけです。

そうなると、プロの染み抜き屋でも、直すのは非常に困難となります。

家庭染み抜きの情報を伝える側に責任はないのか?

家庭で出来る染み抜き方法の紹介は、ネットでも検索エンジンからの評価が高いですし、テレビなどでもお得な情報として人気があるようです。

ですので、ネットならPV(閲覧数)、テレビなら視聴率を稼げるので、「プロが教える家庭染み抜きの方法」といったような記事などが溢れかえっています。

それを観て、「染み抜きって案外簡単に出来るのか。じゃあ、やってみようかな」と思い、大事な衣類をダメにしてしまう人が跡を絶ちません。

そのことに対して、家庭染み抜きの方法を伝える側に責任はないのでしょうか?

まぁ、ないと思ってるんでしょうね。

少しでも責任があると思ってたら、そんな情報を流したりしませんからね。

でも、アマチュアならともかく、ボクはプロであるならば、伝える情報には責任があると思います。

だからボクは、家庭で出来る染み抜き方法なんていう、事故が起きても責任も取らない安易な情報を伝えることは、プロとして恥だと思っているので、そのような情報発信はしないし、それを紹介するオファーも受けないのが信念なのです。

自己流の染み抜きを行うのは自由ですが、その結果、大事な衣類が二度と着られなくなるリスクがあるということも忘れないでください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 075-204-7738 受付時間 11:00 - 18:00 [ 日・祝日除く ]

【なをし屋】営業日カレンダー

【京都市内限定】着物クリーニング訪問集荷サービス

当店のLINE@公式アカウントにご相談いただけます!

LINEトークでもご相談いただけます! 【当店のLINE@公式アカウントへ染み抜きの相談をするには、 下記のアイコンをクリックしてください】

LINEat_icon_basic_A
※スマートフォンのLINEを使った相談です※ ※即時の回答ではありませんので、お急ぎの場合はお電話にてご相談くださいませ。※
PAGETOP

PCサイトへはこちら