着物って、高く買い取ってもらえるの?

侍姿

 

ネットの広告やテレビのCMなどで、着物を買い取る会社の宣伝が数年前から非常に増えたように思います。

何かの報道で知ったのですが、とある試算によると、日本全国には、およそ8億点の着物や帯がタンスの中などで眠っているんだそうです。

8億って・・・

にわかには信じがたい数値ですが、日々着物のお手入れの仕事をさせていただいている者としては、まだまだ数多くの着物が眠っているんだろうなぁ、というのは実感します。

そんな着物の買取サービスですが、高価買取を謳う所が非常に多いです。

「もう着ない着物、高く買い取ってもらえるなら、売ってしまおうかしら・・・?」

そんな風に考える方は、少なくないと思います。

だって、着ない着物を大事にしまっていても、保管の場所を取るだけですし、それならいっそ高く買い取ってもらう方がお得かもしれません(書いてて泣けてきた)

ただし、本当に高く買い取ってもらえるなら・・・

着物の高価買取は本当にあるのか?

着物の高価買取って、本当にあるんでしょうか?

結論から申しますと、着物の高価買取は、ほぼありません

ほぼ、と書いたのは、絶対にあり得ない、というわけではないからです。

例えば、人間国宝の称号を持つ作家さんの作品、特に故人でもう新たに作品が作られることがない着物の場合、着物の保管状態が新品同様であれば(ここ大事)、ある程度高額で買い取ってもらえることもあるそうです。

でも、人間国宝の作った着物って、小売価格で一千万円とかしてた着物ですから、そんな着物を持っている人なんてごくごく僅かだと思いますから、確率で言ってしまえば、やはり着物の高価買取というのはほぼないと言っても過言ではないでしょう。

着物の高価買取がほぼないと言える根拠はまだあります。

着物産業ですが、はっきり言ってかなり衰退しつつある産業です。

平たく言えば、新しい着物は昔に比べて本当に売れていません。

かつて、着物業界全体の売上高は、1975年あたりは2兆円くらいあったそうです。当時の物価を考えると、驚異的な数字だと思います。

それが近年では、3,000億円を割り込む売上高となっています。単純計算で、6分の1くらいにまで下がってしまいました。

もちろん、その2兆円という売上高が大きすぎたという見方もあると思いますが、現実の話として、新しい着物はあまり売れていないというのが真実です。

新しい着物が売れなくても、中古のリサイクル着物は売れてるんじゃないの?と思われるかもしれません。

確かに、実店舗やネット通販などで中古のリサイクル着物を売るお店はたくさんあります。

私も時々リサイクル着物を販売するお店に行ったり通販サイトを覗いたりするんですが、リサイクル着物、めちゃくちゃお安いんですよ(汗)

着物屋さんで買った時は、100万とかしてたんだろうなぁ~というような着物が、1万円~3万円くらいで売ってます。(状態の良いもので10万円くらいで売ってる物もありますが、割合で言えば僅かです)

シミとかがあったりあまり今風でない柄だったりすると、1,000円とかで売られていることもあります。

それぐらい激安のリサイクル着物、じゃあ仕入れ値は一体いくらなんだろう?って思いませんか?

高価買取の基準がいくらなのか分かりませんが、○万円で買い取った着物を1万円で売る訳がないのは誰にでも分かる理屈ですよね。

商いの理屈から考えても、着物の高価買取はめったにないことだというのが分かります。

では、着物を買い取ってもらうことに意味はないのか?

では、着物の買取サービスを利用する意味はないのか?とお考えになるかもしれません。

着物クリーニング専門店としては、一つの意味を考えます。

着物を着る方が減っているというのはお話ししましたが、着物を持っているけれど着物を着ないという方にとって、自宅に保管してある着物は、心に引っかかっている悩み事になってしまっていることもあります。

自分では着ないけれど、親御さんに買ってもらった着物だったり、今は亡きお母さんやお祖母ちゃんが着ていた着物だったり。

捨ててしまうには忍びないけど、お手入れもせずにこのまま置いておくのも悩みのタネ。

そんな着物を、売ることで金銭にはあまりならなくても、捨てたのではなく売ることで、また誰かが着る機会があるかもしれない。

そんな風に思えるのであれば、手持ちの着物を買取店に買い取ってもらうことに一つの意味や意義があるのではないかと思います。

保管している着物を売って金銭的に潤うことは難しいですが、捨てるのではなく形だけでも売ることで心がスッキリするのであれば、それはその方にとってとても意味のあることだと思います。