白地の着物の場合、古い変色シミを抜いてシミが薄く残ると、他の色の着物と違い、色をかけて残ったシミを見えなくする方法がほぼ使えないので、白地の着物に古い変色シミが出ている場合は、どこまでシミが落とせるか?が染み抜きの成否を分ける鍵となります。

白地の着物に濃い変色がある場合、染み抜きしても残る

もちろん、染み抜きを生業としている職人としては、日々の精進と探究で最高の結果を出すべく頑張っているわけですが、我々も魔法使いではありませんので、技術の限界はあります。

その限界を経験から理解しているので、お見積もり時にはこれぐらいシミは残りますよ、というお話を正直にさせていただいております。

他店様がどうかは分かりませんが、当店は染み抜きを行う職人が直接お話をさせていただいておりますので、疑問点や要望などがございましたら、お気軽に遠慮なくお尋ねください。

 

白地蝶柄小紋着物 古い変色シミ 染み抜き・クリーニング前

 

白地の蝶の柄の小紋着物に、濃い変色シミが出ています。

これぐらい濃くシミが出ている場合、経年劣化によって生地にもいくらかのダメージが起こっているのは間違いないので、古い変色シミ、特に濃い変色シミを抜くときは、いかに生地に負担をかけないように染み抜きするか?が重要になります。

 

白地蝶柄小紋着物 古い変色シミ 染み抜き・クリーニング後

 

生地に負担をかけないようにゆっくりとした染み抜きを繰り返し、見た目に気にならないぐらいにまでシミを薄くすることが出来ました。

【参考価格】画像部分の染み抜き 5,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら