着物を着ていると、裾を踏んだり地面や床に擦ってしまって、謎の黒い汚れが付いてしまうことがあります。

地面や床から付いたシミは、様々な要因を含んだ汚れ

屋外の地面にしろ屋内の床にしろ、土足で歩く場所は、様々な汚れが存在しています。

排気ガス、油汚れ、食べこぼし、飲みこぼし・・・

これが汚れの原因とは断定出来ない、ありとあらゆる汚れの原因が複雑に絡み合っているシミになります。

ですので、地面や床から付いたシミは、見た目だけで決めつけずに、染み抜きの基本を抑えた染み抜き作業が必要になります。

 

着物の裾に付いた黒い汚れの染み抜き・クリーニング前

 

こちらの汚れは、着物を着てお出かけされて帰宅されたところ、いつの間にか身に覚えがない黒い汚れが付いていたそうです。

先にお話したように、地面や床から付いた汚れは、油性・水性のあらゆる汚れが原因になっている可能性が高いので、それらを正しい順番で落としていく必要があります。

また、黒い汚れというのは、染み抜きで残りやすいシミですので、いかに手を抜かずにコツコツと汚れを落としていくか?が重要になります。

 

着物の裾に付いた黒い汚れの染み抜き・クリーニング後

 

それなりに時間と手間がかかりましたが、綺麗に落とすことが出来ました。

【参考価格】画像部分の染み抜き 10,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら