祝い着(お宮参りや七五三用の着物)は、根本的な要因として、生地が丈夫でないということがありますので、染み抜きもあまり無理が出来ない傾向があります。

祝い着のシミはあまり無理な染み抜きが出来ない

生地が丈夫でないということが染み抜きにどのような影響があるかというと、一番大きな影響は、強い染み抜き薬品が使えないということがあります。

シミ、特に古いシミは濃くなればなるほどに強い染み抜き薬品で染み抜きをしないとシミが残ってしまうのですが、祝い着の場合、生地が丈夫でないことが要因となって強い染み抜き作業が行えないことも多く、そうすると、シミが残りやすいということになります。

実際に、着物クリーニングや染み抜きの専門を謳うお店でも、祝い着のシミは直らないと断られてしまうことが多いようです。

なをし屋でも、生地の弱さなどのことから染み抜きではあまり綺麗にならないと診断した場合は、金彩加工や柄足しでシミを隠す仕上がりのご提案をさせていただくこともあります。

祝い着の場合、その名が示すように、お祝い事に使うお着物なので、元々華やかな柄や金彩加工を施していることがほとんどなので、新たに金彩加工などを加えても、より華やかになることには支障がないことが多く、シミの酷いお着物にはおすすめ出来る加工の一つとなります。

 

祝い着 黄変シミ 染み抜き・クリーニング前

 

女児祝着に古い変色黄変シミが出ています。

このお着物の場合、金彩加工を新たに加えると全体のバランスが崩れるおそれがあったので、出来るだけ染み抜きで見栄え良くする方法を選択いたしました。

 

祝い着 黄変シミ 染み抜き・クリーニング後

 

染み抜きで極限までシミを薄くし、染み抜きで柄の色が抜けた部分は染色補正(色修正)で元に戻しました。

【参考価格】画像部分の染み抜き 10,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら