アンティーク着物と一言で申しましても、アンティークというぐらいですから、作られてからかなり長い年月が経っておりますし、その状態も様々です。

生地の状態が良くシミもほとんどないような奇跡的な状態のアンティーク着物も中にはありますが、そのようなアンティーク着物は、目ざとい業者さんがすでに手に入れてしまっていることがほとんどなので、手頃な価格でそのようなアンティーク着物を手に入れる機会はもうあまりないのが現状だと思います(お祖母さんが持っていた物を譲り受けたとかならまた話は別ですが)

そんなアンティーク着物ですが、年月が経っているということで、シミがあった場合、シミ自体の落ちにくさだけではなく、生地の劣化による染み抜き・クリーニング作業自体の難しさという問題があります

染み抜き・クリーニングは、着物の生地の状態が良くない時に作業を行うと、生地の劣化や破損のリスクが非常に高くなります。

アンティーク着物はそのようなリスクを常に抱えているということを、まずはご理解いただければと思います。

 

アンティーク着物 染み抜き・クリーニング前

 

このアンティークのお着物も、生地があまり良くない状態でしたので、染み抜き・クリーニングもかなり気を遣う作業となりました(実際、他店様では修復困難として返却になったそうです)

 

出来る限り生地を傷めないように慎重に作業を進めたところ、染み抜き・クリーニング前に比べてかなり目立たなくすることが出来ました。

 

アンティーク着物 染み抜き・クリーニング後

 

アンティーク着物の古いシミにお困りなら、一度お気軽にご相談くださいませ。

 

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 5,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)