食べこぼしのシミが付いた場合、固形物が付いてしまう場合が多いんですが、付いた固形物をそのままにしておくと、変色シミになった際に濃い変色シミになる傾向があるように思います。

シミは、特殊なシミ(ヘアカラー・墨汁・インク類など)を除けば、付いただけであれば綺麗に落とせる場合がほとんどなのですが、経年変化で変色シミになった場合は、綺麗に落とせないこともあります。

食べこぼしのシミは、早急に染み抜き・クリーニングした方が良い

食べこぼしのシミは、そのままにしておくと濃い変色シミになるので、着物を着ていてお食事のシミを付けられた時は、早急にプロの手による染み抜きとクリーニングを行うことが必要です。

 

着物 固形物変色シミ 染み抜き・クリーニング前

 

この着物に付いたシミも、食べこぼしのシミを固形物が付いたままで放置していた結果、濃い変色のシミになりました。

変色シミは、濃ければ濃いほど染み抜きを行っても残りやすくなるので、シミが付いたらすぐにお手入れをするというのは、当店のような染み抜き・クリーニングを行う側の都合ではなく、大切なお着物をいつまでも良い状態で保管するために必要なことであるということをご理解いただければと思います。

 

着物 固形物変色シミ 染み抜き・クリーニング後

 

固形物も残っていたシミでしたので、かなり落ちにくいシミとなっていましたが、何とか綺麗に落とすことが出来ました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 5,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら