アンティーク着物には、紅絹(もみ)という真っ赤な裏地(胴裏)が使われていることがあります。

 

紅絹

 

こういう綺麗な色の裏地、一度は見たことがある方も多いかと思います。

その紅絹は非常に色落ちがしやすい染色の生地ですので、そのアンティーク着物を着て汗をかいたりすると、表地にその赤い色が移染してしまうことがあるのです。

アンティーク着物の赤い裏地は移染しやすい

紅絹の赤い色の色移りは、全く落とせないシミということはありませんが、比較的落ちにくく、専門店でも断られてしまうことがあるようです。

アンティーク着物・リサイクル着物を購入したい方へ

 

アンティーク着物 紅絹からの色移り

 

こちらのお着物も、おそらく汗などで裏地の紅絹から色移りのシミが付いている状態でした。

紅絹の色は濡れるといともたやすく色移りのシミになるくせに、いざ染み抜きで落とそうとすると、なかなかに厄介なシミとなります。

無理に移った色を抜こうとすると、着物の地色も一緒に抜けてしまうため、移った色だけを抜く、抜くというよりは緩めて洗い流すという、非常に難易度が高く手間がかかる作業となります。

 

アンティーク着物 紅絹からの色移り 染み抜き後

 

無理に染み抜きせずコツコツと作業を進めたおかげで、着物の地色に影響を与えずに、移染した紅絹の色だけを落とすことが出来ました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 8,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

アンティーク着物の染み抜き事例と参考価格はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら