着物は、季節物であっても大抵は年に一回くらいは着られる洋服に比べて、何十年としまったままになるということが珍しくありません。

しまったままの年月が長いということは、シミの変化などを全く見ずに長い年月が経つということですので、いざ使う段になって出してみたら、とても濃いシミが拡がっていた、ということがあります。

このお着物も、しまっておられた間に、濃いシミが拡がっていました。

 

着物 古いシミ 染み抜き・クリーニング前

 

変色したシミというのは、何らかのシミが付いたままで長い年月が経ち、シミ自体の変色や着物の染色と生地を変色させた状態となります。

シミが変色するということは、シミの原因物質が化学的な反応を起こし、その部分の生地にダメージを与えていることでもありますので、変色シミが濃ければ濃いほど生地に対するダメージも深い傾向があります。

変色したシミを抜くには、強い染み抜き剤を使ってシミを抜く必要があります。

そして、シミが濃ければ濃いほど、その染み抜き作業を何回も繰り返す必要があります。

ですので、シミによってダメージを受けている生地に、染み抜きによる負荷をかけなければならないため、濃い変色シミの染み抜きは、非常にリスクの高い、高度な技術と見極めが必要な作業となります。

 

着物 古いシミ 染み抜き・クリーニング後

 

生地にさらなるダメージを与えずに染み抜きを行うために、慎重に作業を繰り返して、何とか見栄え良く直すことが出来ました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 10,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)