毎年今ぐらいの時期になると、七五三の着物の染み抜き・クリーニングのご相談・ご依頼が増えてきます。

子供用のお着物は、その行事(お宮参り、七五三など)が済むと着る機会がまずないので、何十年もしまいっぱなしという事がほとんどです。

しまいっぱなしという事は、湿気を帯びてもそのままですし、カビが生えても気付きません。そして、着用時のシミは長い年月の間に濃い黄ばみのシミに変色しています。

七五三・お宮参りの着物は、生地があまり丈夫でなかったり、化学繊維で作られた物もあり、大人用のお着物よりも染み抜き・クリーニングに限界があるのが実際のところです。

ですが、生地が傷んでいなければ全く何も出来ないという事も少ないので、現状よりも改善するという方向性であれば、ご着用出来る状態に直せる場合が多いですし、女の子用のお着物であれば、シミの上に金彩加工を施したりする修復方法もございますので、まずはご相談いただければと思います。

今回のお子様用のお着物は、男の子用の着物です。

 

男児七五三着物 染み抜き・クリーニング前

 

こちらもおそらく長年保管していた間に、カビが生えてカビが変色シミに変化した状態になっています。

このお着物は表地は正絹なのですが、裏地がアセテートという化繊の生地で、アセテートは薬品や熱に非常に弱い性質があるので、染み抜き作業にも慎重さが要求されます。

染み抜き、特に濃いシミを染み抜きする場合は、シミが抜け具合と生地の状態とのぎりぎりのラインの攻防でもあります。

シミを抜くことだけに注力すると、生地が傷んで穴があいたりしますし、生地の状態ばかり考えて当たり障りのない作業だけしていると、シミが抜けずに綺麗になりません。

その辺りのことは、やはり長年の経験とどれだけ技術力が必要な染み抜きを行ってきたか?が問われるところだと思います。

 

男児七五三着物 染み抜き・クリーニング後

 

生地を傷めずにシミを出来るだけ綺麗にするぎりぎりのラインまで攻めて、ご着用に支障がないレベルに染み抜きいたしました。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 8,000円程度(税別)
※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)