正式なお茶席では、着物は制服のようなもので、参加するには必ず正装として着用しなければならないと決められていいます。

ですが、お茶席というぐらいですから、点てたお抹茶をいただかなくてはなりませんし、お世話をする方も常に水(湯)を使ったり、お茶に合わせるお菓子も出たりしますので、お茶席はお着物を汚してしまう危険に満ちています。

今回ご紹介する染み抜き・着物クリーニング事例も、お茶席で茶碗に入ったお抹茶をひっくり返してしまい、お着物に大量に抹茶のシミが付いてしまったという事例です。

抹茶のシミは、プロに任せないと落ちないシミになります

着物 抹茶 染み抜き・クリーニング前

 

抹茶のシミは、お湯に溶けたお茶の成分のシミもあるのですが、それよりも、粉末状の茶葉が生地に付いて乾いた状態となっていますので、通常のシミの染み抜きとはちょっと違うアプローチをする必要があります。

粉末状の茶葉は固形物ですから、まずはその固形物を今以上に溶かしてしまわないようにしながら、落とせるところまで落としてしまうのが肝心となります。

この最初の作業で限界まで粉末状の抹茶を落としておかないと、次の段階の染み抜き作業を頑張っても、シミが残る可能性が高くなってしまいます。

固形物の状態の時に落とせるだけ落としておかないと、次の段階の染み抜きの時に、溶け出したお茶の成分が生地を染めてしまい、染まった色素を落とさなければシミが残った状態になってしまうからです。

 

着物に大量に付いた抹茶のシミ 染み抜き後

 

時間はかかりましたが、コツコツと固形物となった抹茶を限界まで落としてから色素のシミを落とす地道な作業の繰り返しにより、綺麗に落とすことが出来ました。

抹茶のシミが付いたら、慌てずに水分を乾かす程度にしておいて、あとは染み抜きのプロにお任せください。

【参考価格】画像部分のシミの染み抜き 15,000円程度(税別)

※注※染み抜きは生地の素材・色合い、シミの濃さなどによって金額が変わってきます。あくまで一例の参考価格としてお考えください。クリーニングその他加工は別途料金がかかります。)

染み抜きとクリーニングの料金表はこちら

なをし屋の染み抜き技術についてはこちら