着物の染み抜き京都職人の、こぼれ話など。
ブログ
  • HOME
  • » ブログ
  • » 2009年7月

2009年7月

夏期休暇のお知らせ

8月8日(土)~16日(日)まで、 夏期休暇のため休業とさせていただきます。お客様にはご迷惑をお掛けして大変申し訳ないのですが、 ご理解いただけますよう、お願い申し上げます。さて、今回の事例は、バッグに色移りしてしまったという事例です。 いただき物とのことで、 色移りの原因や何の色が移ったかなどの詳細は、不明だそうです 原因がはっきりしていない色移りって、結構職人泣かせだったりします 何の色が移ったか分かれば、色の成分(染料の種類・素材からのアクなど)の大方の予想が出来ますので、染み抜き方法もある程度頭の中で組み立てられます それが予想できない場合は、どんな染み抜き方法が有効なのか、 どの薬剤ならば安全か、などを少しずつ検証していく必要があります これが結構大変な手間でして、お見積もりやテストにある程度のお時間を頂く必要があるのも、こういったことが原因の一つではあります 今回のバッグは、色というよりも、何かのアクのような成分だったようで、 少し特殊な染み抜き方法で染み抜きいたしました

コンコン・チキチン♪

暑いですね~ まだ梅雨が明けていない京都は蒸し暑くて、 体力が奪われます 7月の京都といえば、やはり、 祇園祭は外せないと思うのですが、 祇園祭は、7月1日~31日の日程で行われるってご存知ですか? 京都生まれ京都育ちの僕も、宵山と山鉾巡行だけが祇園祭じゃないと、 中学生くらいまで知りませんでした(笑) 祇園祭の起源は、疫病を鎮める為に行われたということらしいです 新型インフルエンザの影響で、観光で訪れる方が減ったそうなので、 是非この機会に京都を訪れていただきたいと思います (かなり暑いですけど) さて、今回の事例は、夏物のお着物の染み抜きです。 このようなお着物の場合、染み抜き自体はそんなに難しくないのですが、 地色と柄の色に与える影響をどれだけ最小限に出来るかと、 染み抜きで色が抜けた時にどれだけ元に戻せるかが、 ポイントになります このあたり、同業者の方なら分かっていただけると思います(笑) 今回は、完全に直すことが出来ました (分かりやすくする為に、片側だけ染み抜きしてあります)

Copyright © 着物お手入れの達人・なをし屋 All Right Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.