着物の染み抜き京都職人の、こぼれ話など。
ブログ
  • HOME
  • » ブログ
  • » 2009年3月

2009年3月

革靴に雨ジミ

革靴に、不意の雨によってシミが出来てしまったそうです (作業直前に撮影したため、マスキングしてます) いつものように染み抜きを試みますが、革の水ジミはいったん発生すると、中々落とすのは困難です ですので、染み抜きで極力シミを薄くして、革専用の顔料で染色補正していきます ほとんど分からなくなりました ところで話は変わりますが、仕事仲間であり友人でもある 洗濯王子こと中村祐一氏が本を出版されました 洗濯王子に教わるおうちで快適クリーニング!という本です 家庭で出来る、おしゃれ着の洗濯方法など、やさしく紹介されています 興味のある方は、是非ご覧になってみてください ウチのお店も頼れる染み抜きのお店としてご紹介いただいてます

革のバッグに牛乳(ミルク)のシミ

ミュウミュウのバッグに牛乳をこぼしてしまったそうです 牛乳にはカルシウムなどが多く含まれていますので、 乾いた後に白く浮かび上がってくることが多いようです。 クリーニング店さんへ何軒か問い合わせたそうなのですが、 牛乳のシミは落とせないと、全てのお店に断られてしまったそうです 半分諦めて一年くらいそのままの状態だったそうなのですが、 ネットで当店を見つけてご相談いただきました 今回は、牛乳の成分が浮かび上がって表面が凸凹していたので、 表面が平らになるまで染み抜きした上で染色補正しています。 依頼者様は、少しでもマシになれば・・・とのことでしたが、 結構きれいに直せたと思います ところで話は変わりますが、「かりんとう饅頭」って知ってます? 食べたこと無い人には想像しにくいと思うのですが、 表面の皮が「かりんとう」ぽくって、中がお饅頭なんです(笑) 福島県でよく売られているそうなのですが、 僕がいただいたのは、茨城県は常陸太田(旧 水府村) にあります、「菓子工房・木村屋菓子舗」さんの 「黒みつ入り かりんとうまんじゅう」というモノです。 木村菓子舗さんのパンフレットから引用しますと、 「今までの饅頭のイメージを斬新的に、 また懐かしさの中に現代的要素を取り入れて、 今昔風のお菓子として誕生いたしました。 食用油の中では一番バランスの良い米油を 使いまして「サックリ」と揚げた食感と風味は、 まさに『かりんとう』のようです。 さらに、餡の中心には、ミネラル豊富な南国 沖縄育ちの黒砂糖を丹念に炊き上げた『黒みつ』が、 さらにもう一つの味を醸し出してくれます。」 とのことです。 初めて食べましたが、とっても斬新で、 かなり美味でした お店: 菓子工房・木村菓子舗 住所: 茨城県常陸太田市天下野町5543-10 電話: 0294-87-0856

Copyright © 着物お手入れの達人・なをし屋 All Right Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.