着物の染み抜き京都職人の、こぼれ話など。
ブログ
  • HOME
  • » ブログ
  • » 2008年9月

2008年9月

ウコンの・・・

「ウコンの※※※」っていうドリンク、ありますよね? お酒を飲む方には愛用者が多いみたいですが、お酒をほとんど飲まない僕にはあまり縁が無いサプリメントです ウコンは英語名「ターメリック」といいまして、カレーの黄色は、ほぼウコンの色素です。 今回の事例は、そのウコンのドリンクを服にこぼしてしまったそうです カレーのシミが落ちにくいと言われるのは、このウコンの色素が落ちにくいからなんですね そして、このシミの面白い?ところは、アルカリ性と酸性・両方の薬品に反応するところです (化学者ではないので、どういう現象かはは良く分かりません) ですので、染み抜き作業はアルカリ性と酸性の両方を使用して染み抜きしていきます 少し手ごわかったですが、綺麗に染み抜き出来ました

アンティーク着物の染み抜き

いや~、またまた更新が遅くなってしまいました 仕事が忙しいっていうのもありますけど、サボり癖がついてしまったのかも・・  もう少し、マメに更新したいと思います(・∀・) 今回は、アンティークのお着物の染み抜きです おそらく昭和初期あるいは大正時代のお着物だったのですが、全体に黄変が発生し、部分的に生地が破れかけている様な状態でした 生地が弱っている場合、薬品の反応具合によっては、生地に穴が開いたり、破れたりすることもありますので、慎重に時間をかけて染み抜き作業を進めなければなりません 状態によっては染み抜きが難しいこともございますので、お悩みの時は、まずはお気軽にご相談ください 今回は、時間はかかりましたが何とか綺麗にすることが出来ました

Copyright © 着物お手入れの達人・なをし屋 All Right Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.